top of page

6/14 早稲田大学 伊藤悦朗教授がTN-cyclonを用いて子宮頸がんに関する論文発表

弊社CSOを兼任する、早稲田大学の伊藤悦朗教授が、弊社技術「TN-cyclon」を用いて、尿に極微量含まれる子宮頸がんウイルスタンパク質の検出を行い、

本件に関する論文が、6/14にスイスの国際学術誌「Microorganisms」に掲載されました。

本研究では、子宮頸がんの初期検診が尿で実施できる可能性が示されており、日本経済新聞、日刊工業新聞などに取り上げて頂いております。

Comments


bottom of page